ドメインを取得してサーバーで使えるように設定する

WordPressを使ってサイトを作るためには、サーバーを契約して次にドメインというものを取得する必要があります。

>> WordPressのレンタルサーバーについて知りたい方はこちら

ここではドメインを取得するところからレンタルサーバーでそのドメインを使えるように設定するところまで解説します。

ドメインってなに?

初めてWEBサイトをつくる人には【ドメイン】ってなに?ってなると思うので簡単に説明します。

 icon-comment ドメインとは?

簡単にいえばWEBサイトの住所のようなものです。たとえば、example.com というドメインを取得した場合、

http://example.com
http://www.example.com

この2つであなたのWEBサイトにアクセスできるようになります。住所と同じですでに誰かが取ってるドメインと同じものは取ることができません。

またドメインは2つのパーツに分かれています。上記の例でいうと、

  1. example の部分
  2. .com の部分

この2つのうち、自分で決めることができるのは1番だけです。2番は用意されているものから選択するかたちになります。

 

ドメインの種類

ドメインには〜comや〜.jpなどよくあるものから、最近では〜.shopなど豊富に選ぶことができるようになっています。めっちゃ種類があるので詳しくはドメイン会社のサイトで確認してみてください。

また、アフィリエイトサイトでよく見かけますが、「海外ビタミンサプリランキングBEST10.com」みたいに日本語ドメインも取ることができます。

個人的に日本語ドメインは使い道を選ぶと思っていて、僕はあまり使ってません。なにが問題かというと、SNSやサイトのリンクを表示させるときにURLがめっちゃ長くなって見づらくなるんです。

たとえば、上記のサンプル例でみると、

http://海外ビタミンサプリランキングBEST10.com

という日本語ドメインをSNS上でリンクを貼れば、

http://xn--best10-vq4eya7b8ftkxb6fqgoa5leb8236qegnd.com

という文字列に置き換えて表示されます。

これに抵抗がある人はローマ字のドメインを取得するようにしましょう。

 

ドメインを取得する

ここからは実際にドメインを取得してみましょう。

ドメインを取得するには主にドメイン専門会社から直接買うか、レンタルサーバーに仲介してもらうかの2択になります。

ちなみにレンタルサーバー会社でもドメインを取れますが、ここでは僕がいつも使っているドメイン会社「お名前.com」でのドメイン取得解説となります。

①お名前.comで希望のドメインが使えるかどうか調べる

お名前.comのサイトはこちら

上記リンク先のページにはドメイン検索ができるところがあるので、そこに自分が取りたいドメインを打ち込みます。

ドメイン検索

入力して「検索」ボタンを押すと下記の画面になります。

希望のドメインにチェックをいれる

チェックボックスにメールのアイコンがあったり、×が表示されていたりすると、其のドメインはすでに他の人が使っているので、取得できません。その場合は別のドメイン名にしてください。

ドメインが決まったら「お申込みへ進む」ボタンを押して次に進みます。

ドメインのオプションを選択する

「Whois情報公開代行」というチェックボックスにチェックをいれて、「初めてご利用の方」に進みます。

 icon-warning Whois情報公開代行というチェックボックスがない!

ドメインの種類(〜.orgや〜co.jpなど)によっては代行してもらえないものもあるので、チェックボックスがない場合もあります。チェックしなくてもドメイン自体は取得できるので、そのまま進めても大丈夫です。

 icon-comment Whois情報ってなに?

Whois情報とはドメインの所有者を示す情報のことです。住所や連絡先などが表示されるため、プライバシーの観点から個人情報を載せるのは控えたほうがいいです。(ネット上で簡単に調べることができます)

お名前.comではこの情報をお名前.comの情報に差し替えてくれる代行サービスがあるので利用できる場合は利用するようにしましょう。

その後会員登録の画面になるので、画面に従って登録を済ませてください。

登録が終われば下図のような支払い方法を選ぶ画面になるので、希望の支払い方法を選んで、「申込む」ボタンを押します。

ドメインの支払い方法を選択する

すると下図のポップアップ画面がでると思いますので、すでにサーバーを契約している人は「申込まない」をクリックして下さい。

これでドメインの取得は完了です。次は取得したドメインを契約しているサーバーで使えるように設定します。

ドメインの設定にはお名前.com上での設定が必要ですのでページは閉じずに開いたままにしておいてください。

 

取得したドメインを使えるようにする

ドメインは取得しただけでは使えません。レンタルサーバーで使用できるように設定する必要があります。とくに難しい作業はないので、落ち着いて進めれば大丈夫です。

ここではエックスサーバーとロリポップ、この2つのサーバーでの設定方法を解説します。

ロリポップサーバーでドメインの設定をする

ロリポップのアカウントにログインして下図のように設定します。

ロリポップでのドメイン設定

独自ドメインをチェックする」をクリックすると下図のようにネームサーバー情報が表示されます。

ロリポップの独自ドメイン設定で使うネームサーバー(コピペ可)

プライマリー uns01.lolipop.jp
セカンダリー uns02.lolipop.jp

 

このネームサーバー情報をお名前.comのドメイン設定で貼り付けて完了です。

>> お名前.comでのドメイン設定方法はこちら

エックスサーバーでドメインの設定をする

エックスサーバーのアカウントにログインします。下図の赤枠のサーバーパネルにログインをクリックします。

続いて「ドメイン設定」をクリック。

ドメインの追加設定」タブをクリックし、取得したドメインを入力します。入力後、「ドメインの追加(確認)」ボタンをクリックします。

エックスサーバーに独自ドメインを設定する

すると下図のような画面になりますので、「ドメインの追加(確定)」をクリックします。

あとはお名前.comのサイト上でドメイン設定(ネームサーバーの設定)をすればドメインを使う準備は完了です!

エックスサーバーの独自ドメイン設定で使うネームサーバー(コピペ可)

プライマリー ns1.xserver.jp
セカンダリー ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

 

このネームサーバー情報をお名前.comのドメイン設定で貼り付けてください。具体的な設定方法については下で説明します。

お名前.comでドメイン設定(DNS設定)をする

お名前.comのページは会員ログイン後、トップページの「Navi TOP」タブをクリックしてドメイン一覧を表示させます。

画面を下のほうにスクロールすると「ドメイン一覧」という項目があるので、そこのネームサーバー」欄の「設定する」ボタンをクリックします。

すると下図のような画面になるので青いボタンをクリックします。

下図のように「他のネームサーバーを使用」にチェックを入れて、入力欄に先ほど調べたサーバーのネームサーバー情報をコピペします。

ネームサーバーDNSの設定

すべて入力し終わったら、「確認画面へ進む」を押して完了です。

ネームサーバーが反映されるまでに30〜120分くらいかかるので気長に待ちましょう。

これでドメインが使えるようになりました。

次はいよいよこのドメインにWordPressをインストールします。

WordPressをインストールするためのサーバー契約とドメインの取得が終われば、次はWordPress自体のインストールをします。 ...

 

WordPressの使い方TOPへもどる

アフィリエイターのための最高のワードプレステーマ【ATLAS】ができました

アフィリエイトに特化したWordPressテーマ「ATLAS(アトラス)」が完成しました。

操作も簡単で超使いやすいです。

ランキング機能やボタン作成、記事下CTAの設置など、サイト作成の高速化&収益性を高めるための工夫を随所に備えています。

― 主な特徴 ―

  • プロ目線で見たアフィリエイトサイトに必要な機能をすべて搭載
  • 直感的に操作でき、スピーディーに収益サイトを構築できる
  • シンプルで美しいテーマデザイン

WordPress初心者でも簡単に使えるように複雑な設定を可能な限り取りのぞきました。

また、レイアウトも自由自在にアレンジできるのでWordPressでスッキリとしたデザインのブログにも使えます。

ぜひデモサイトで確かめてみてください。

※テーマインストール後、HTMLやCSS等をカスタマイズすることなくデモサイト通りに構築できる仕様にしています。

テーマの詳細を見る デモサイトを見る