失敗したくない人のためのWordPressレンタルサーバー選び3つのポイント

昨年、2つのWordPressのテーマを作り、その過程でいろいろと学ぶことが多くありました。基本中の基本、WordPressのサーバーについて思ったことがあったのでまとめてみました。

制作過程ではいろいろなテストをするのですが、中でも手間がかかるテストがありました。

それは、いろんなサーバーで動作テストすること。

サーバーによって挙動が違ったりと大変でした。でも、これをやっててサーバーって大事だな〜、としみじみ思いましたw

いや、実を言うと1,2年前まではサーバーなんてどこでもいんじゃね?wみたいな考え方をしていましたが、【テーマ制作】という経験をしてからこの考え方が一転しました。

先に結論をいっちゃうと、良いサーバーを選ぶとこんなメリットがあります。

最適なレンタルサーバーを選ぶメリット

  • 確実にSEO効果がアップするので、検索順位があがる可能性が高まる
  • 記事を書いたりする管理画面が重くなりにくいのでストレスがかからない

 

結果的に、ブログ閲覧者が増え、売上が上がったり、広告収入があがったりするわけです。

なぜサイトやブログを運営するのか?という目的のほとんどは「収益につなげること」にあると思います。

収益につなげるには検索順位をあげ、アクセス増加を図っていく過程が不可欠なのはいうまでもないです。

その結果が【レンタルサーバー】で変わることを知らない人は大きな損失につながっているかもしれません。

 

WordPressにおけるサーバーの選択はめちゃくちゃ大事!

重要な選択

Planning, risk and team strategy in business, businessman gambling placing wooden block on a tower

なぜWordPressのサーバー選びは大事なのか?その答えは単純でWordPressはサーバー側でプログラムを制御しているから。

普通のHTMLサイトはサーバーに置いてあるファイルが読み込まれて表示されます。しかしワードプレスの場合はページを構成するパーツがそれぞれあって、それらをつなぎ合わせてページを表示させる仕組みになっています。

わかりやすくいうと、

サーバー上でバラバラの状態のパーツを組み合わせて1つのページを作る

という感じです。

実際はデータベースとかいろいろ絡んでるのですが、イメージはこんな感じです。

 

レンタルサーバーによって読み込み速度が変わる?

サーバーによる速度の違い

Full Ahead concept - Vintage ships engine room telegraph on full speed ahead

この組み合わせる能力がレンタルサーバーによって差があるんです。細かいことを抜きにして、ざっくりいうとサーバーの性能の差ですね。

性能がいいと組み合わせるスピードも速くなって、結果として表示速度も速くなるし、操作性も快適になります。

ちなみに僕が今使っているレンタルサーバーは3つあって、

  • ロリポップ
  • さくらインターネット
  • エックスサーバー

それぞれ簡単に比較してまとめると下図のような感じでしょうか。

サーバー名表示速度快適度月額
ロリポップ×250円
さくらインターネット515円
エックスサーバー1080円

▼各サーバーの利用プラン

ロリポップ:ライトプラン
さくらインターネット:スタンダードプラン
エックスサーバー:X10プラン

ロリポップに関してはスタンダードプランにすればそれなりに速くなるかもしれません。

が、月600円かかるのであれば総合的にみてエックスサーバーを断然おすすめします。

 

数十ページのサイトでの比較なので、大規模なサイトになるともっと差がでるかもしれません。エックスサーバーでは数百ページ規模でも全く問題なく動いています。

表示速度が早くなると直帰率の改善につながります。その結果、Googleからの評価があがり、掲載順位にも好影響がでてくるわけです。

 

WordPressで数十サイト運営するならエックスサーバー

エックスサーバーはおすすめ

WordPressを使う場合、僕の個人的なおすすめとしてはやはりエックスサーバーです。

その理由として、

  • 使っていて一度もトラブルがない
  • 表示速度が速い
  • 独自SSLが使える
  • データベースが50個使える

というメリットを感じているからです。これで月1000円って費用対効果マジで良すぎ。

僕はWEBサイトを10以上運営しているため、このエックスサーバーのX10プランにしていますが、サイトなんて2,3個運営するだけで十分。

WPXレンタルサーバーはワードプレス向けの超高速サーバー

WPXサーバーはWordPress専用サーバー

ここもエックスサーバーが運営しているサーバーで、違いはワードプレスに特化していることです。特化しているだけあって、表示速度は超速いらしいです。

僕は使ったことないので体感はわかりませんが、評判は良さげですね。

ただ、データベースが10個までなので、サイトを量産するアフィリエイターにはあまり向かないかも。自社メディアやホームページだけを運営する場合はかなりおすすめです。

サイト作成初心者にも優しい自動バックアップ機能

どちらのサーバーにも自動バックアップ機能があり、14日分のデータが保存されています。

万が一、データが壊れてしまったり、元にもどらなくなった場合も安心です。
(初心者さんはうっかりコードをいじってトラブる傾向ありなのでw)

 

とりあえずWEBの知識がない人はエックスサーバーかWPXサーバーのどちらか2択

で、決めていいです。

サイトの運営数が10以下ならwpXレンタルサーバー
10以上ならエックスサーバー

月額費用はどちらも同じです。

※初回契約時のみWPXサーバーが少し高いです。

 

と、ここまではビジネスでサイト運営する人に向けての内容です。

趣味でワードプレスブログを始めたい人のサーバーは?

ブログ初心者のためのサーバー

Start Blog Blogging Connecting Web Page Social Networking Concept

本当は表示速度まで考えたほうが見る人のためになるので、僕は趣味でブログをするにしてもエックスサーバーを選びます。

が、趣味ブログって途中で辞めちゃう人も結構多いので、ブログが初めての人は低価格サーバーでもいいかなと。

さっき紹介したロリポップサーバーのライトプランがおすすめですね。月額250円は圧倒的低価格ですw半年くらいの契約にして、もしブログが続いてればサーバーを変えるのもありです。

 

まとめ

よほどの人でない限り、サーバーについてる機能の8割は使わないですし、

  1. 価格
  2. サイト数
  3. サイト運営の目的

この3つを把握すればサーバー選びで悩むことはないと思います。

ビジネス目的なら、

趣味目的なら

こんな感じですね!

 

あ、ちなみに各レンタルサーバーが2週間お試しとか謳ってますが、あれ初心者さんには意味ないですw

一旦インストールしたWordPressを別のサーバーに移管するのは、難易度が高いので、さすがに初心者にはきついかと(^_^;)

サーバー会社のうまい勧誘文句につられてお試し感覚でやるんじゃなくて、このサーバーにしよう!という決断をしてから決めることをおすすめします。

アフィリエイターのための最高のワードプレステーマ【ATLAS】ができました

アフィリエイトに特化したWordPressテーマ「ATLAS(アトラス)」が完成しました。

操作も簡単で超使いやすいです。

ランキング機能やボタン作成、記事下CTAの設置など、サイト作成の高速化&収益性を高めるための工夫を随所に備えています。

― 主な特徴 ―

  • プロ目線で見たアフィリエイトサイトに必要な機能をすべて搭載
  • 直感的に操作でき、スピーディーに収益サイトを構築できる
  • シンプルで美しいテーマデザイン

WordPress初心者でも簡単に使えるように複雑な設定を可能な限り取りのぞきました。

また、レイアウトも自由自在にアレンジできるのでWordPressでスッキリとしたデザインのブログにも使えます。

ぜひデモサイトで確かめてみてください。

※テーマインストール後、HTMLやCSS等をカスタマイズすることなくデモサイト通りに構築できる仕様にしています。

テーマの詳細を見る デモサイトを見る