WordPressの使い方

レンタルサーバーのPHPバージョンを確認&変更する方法

ちょっと専門的になりますが、WordPressはPHPというプログラム言語で構成されています。PHPというプログラム言語は随時バージョンアップが行われていて、より高速に動くように改良されていってます。

それに合わせてPHP言語で作られているWordPressも更新されていきます。

ですので古いバージョンを使っているとWordPress自体がうごかなくなったり、エラーが起きたりします。また、WordPressのテーマによってもPHPバージョンが古いとうまく動作しないものも多いです。

特に難しい操作もなく変更できるので、出来れば新しいバージョンに設定しておきましょう。

レンタルサーバーのPHPバージョンを確認・変更する

PHPのバージョンを確認し、必要があれば変更します。バージョンが5.6以上でしたら特に問題はありませんが、できればバージョン7以上ににしておくことをおすすめします。

 icon-comment バージョン7は5.6とくらべてWordPressの表示速度が高速に!

2017年4月に僕のサイトもバージョン7に変更したのですが、体感レベルで表示が軽くなりました。キャッシュ系のプラグインなどの高速化と違って、ほぼリスクなく高速化できます。

 

ロリポップ編

管理画面にログインし「WEBツール」>「PHP設定」へと進みます。

ロリポップでPHPバージョンを変更する

あとはバージョンを確認して「変更」ボタンを押して完了です。

エックスサーバー編

管理画面に入り、ページの下の方にある「PHP Ver.切替」をクリック。

エックスサーバーでPHPバージョンの確認変更

ドメインを選択する画面になりますので、PHPバージョンを変更したいドメインを選択します。

下図の赤枠のところでバージョンを選択して「PHPバージョン切替」ボタンを押すと確認画面になりますので、そのまま進めて完了です。

 

以上がレンタルサーバーでPHPバージョンの確認・変更方法です。

ここでは2つのレンタルサーバーでの確認・変更方法をお伝えしましたが、他のサーバーでも同じような感じで設定できます。

詳しくは【お使いのレンタルサーバー名 PHP バージョン】などで検索してみてください。

ABOUT ME
赤石カズヤ
赤石カズヤ
WEBコンテンツ制作・開発をしながらのんびり活動中。常識に縛られず、ビジネスの仕組み化を常に意識。気が向いたときにWordPressのカスタマイズのことを発信してみたり。
新次元のWordPressテーマ【JIN】をリリース!

アフィリエイターで有名なひつじさん(@hituji_1234)とコラボし、史上最高とも呼べるWordPressテーマ【JIN】を開発しました!

開発期間は11ヶ月と非常に長くかかりました。
【使う人】【見る人】それぞれの立場にたって、何度も何度もブラッシュアップを重ねたためです。

その結果、デザイン性・使い勝手・SEOの3つがとてつもないレベルで融合したテーマになりました!
ひつじさんと2人で特設サイトを作りましたので詳しくはそちらでどうぞ!

JIN特設サイトデモ一覧