カスタマイズをする人のために子テーマを作りました!

 

カスタマイズをする方のための子テーマを作りました。

CSSをいじったり自分好みのデザインにしたい方は子テーマをインストールして使ってください。

子テーマってなに?

WordPressで一般的に使われるテーマには「」と「」があります。

普段意識せずに使っているテーマはすべて「親テーマ」になります。
ふつうに使う場合は親テーマをそのまま使っておけばOKです。

親テーマは単体でも動きますが、子テーマは親テーマがないと動きません。
おおざっぱに言えば違いはそれだけです。

じゃあ子テーマは誰が使うの?ってなりますよね。
簡単に言えば「テーマをいじり倒したい人向け」なのが子テーマです。

いろいろ細かいところを調整したりCSSやPHPなどいろいろ専門知識を使ってカスタマイズしたい人とかですね。

なぜ子テーマにするといいの?

親テーマはバージョンアップで内容が随時更新されていきます。

バージョンアップ = データの上書きになります。

もし親テーマのままゴリゴリとプログラムを書き換えてしまった場合、どうなるか?
そう、せっかくがんばって書き換えたプログラムがデータの上書きによって元に戻ってしまいますw

こんなときに子テーマがあると便利なんです。

子テーマはバージョンアップによるデータの上書きがありません。
詳しく話すとかえってわかりずらいのでまとめるとこんな感じです。

親テーマ(一般的に「テーマ」と呼ばれているのはコレ)

  • そのままテーマを使う人向け
  • バージョンアップするとカスタマイズ内容は元にもどる

子テーマ(親テーマの情報を引き継いだもの)

  • 専門知識を使ってがっつりカスタマイズする人向け
  • 親テーマをバージョンアップしてもカスタマイズ内容は維持される

ちょっとわかりづらいかもですが、こんなイメージです。

 icon-exclamation-triangle 注意!

すでに親テーマを使っていて、途中から子テーマに変更する場合は、カスタマイズした内容がリセットされます。

再度子テーマを有効化してからカスタマイズしなおす必要があるので、ちょっとだけ手間がかかります。(親テーマに戻せば元のカスタマイズ内容にもどるのでそこまで警戒することもないですが)

子テーマのダウンロード

以下からダウンロードしてください。
※ZIP形式になっていますが解凍はしないでください。そのまま使います。

CocoLuce(ココルーチェの子テーマ)
ATLAS(アトラスの子テーマ)
ATLAS(アトラスの子テーマ)ペラサイト専用

子テーマ【アトラス】ペラサイトの設定方法

  1. 固定ページでページ作成(1カラム選択)
  2. 管理画面「設定」>「表示設定」に進む
  3. フロントページの設定を「固定ページ」に変更
  4. 下のプルダウンから作成した固定ページを選択

子テーマのインストール方法

  1. 親テーマを先に購入し、ダウンロードする
  2. 親テーマをワードプレスにインストールする(インストールの方法はこちらからどうぞ)
  3. 子テーマをダウンロードする
  4. 子テーマをインストールして有効化する

簡単ですね!